ニキビの悪化・予防となる日焼け止め

大人ニキビに悩む人の日焼け止め選び

大人ニキビ対策のためには、紫外線対策は必須です。

 

その理由と、紫外線対策に欠かせない日焼け止め選びのポイントについてお話しします!

 

紫外線対策が重要な理由

 

紫外線の害と言えば、「シミやシワを増やす」というのが有名ですが、実は大人ニキビの発生リスクを高めたり、ニキビの症状を悪化させるという要素も持っています。

 

まず、紫外線のダメージが角質層を刺激すると、角質層はその刺激から肌を守ろうとして、角質を厚くするという反応を示します。
この角質肥厚が毛穴の詰まりをもたらし、ニキビ発生率を高めてしまうのです。

 

そしてさらに、アクネ菌が産生する物質「ポルフィリン」に紫外線が当たると、強力な活性酸素が大量発生し、これが炎症を引き起こします。つまり、赤ニキビや黄ニキビなど、ニキビ症状の悪化につながりやすくなるというわけです。

 

どんな日焼け止めを選べばいい?

というわけで、紫外線対策をすることは、大人ニキビの発生と悪化リスクを高めないためにとても重要と言えます。

 

では、紫外線対策の強い味方である日焼け止めは、どんなものを使えばいいのかというと・・・

 

「強すぎず、石けんなどで落とせるタイプのもの」がおすすめです。

 

日焼け止めの数値が「SPF50・PA++++」などあまりにも強力だと、肌への刺激も強くなってしまいますし、ウォータープルーフタイプなど、落ちにくい日焼け止めは「クレンジングや洗顔でも落としきれず、成分が残ることで肌を傷める」というリスクが高くなってしまいます。

 

ですから日焼け止めの強さは、SPF20〜30・PA++程度でかまいません。
簡単に洗い落としやすいタイプのものを選びましょう。
「こんな数値では頼りない」と思われるかもしれませんが、日傘を使う、ファンデーションはパウダータイプを使う、など、日焼け止め以外のUVカット手段も加える、といった工夫をすれば大丈夫ですよ。

 

さらにもうひとつ、できることなら、日焼け止めは紫外線吸収剤不使用のものを選べれば、なおよいでしょう。
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収した際の化学反応が、肌に刺激を与えるリスクがありますからね。